トラックの種類について

トラックは主に業務用として使用されることがほとんどです。
トラックと一口に言ってもさまざまな種類がありますので、
その用途を満たす種類を選ぶことが重要になってきます。

 

トラック購入にあたって経費を削減するために中古トラックを購入しようと考えている、
現在トラックを所有しており、
買取をしてほしい方も中古トラックの種類について理解を深めておくことをおすすめします。

 

トラックは主に、軽トラ、小型、中型、大型の3つのタイプに分けられます。
軽トラとは軽自動車サイズの小型トラックであり、
主に農家や個人事業用のトラックとして使われています。

 

小型トラックは荷物の積載量が最大で2トン以下のトラックのことを指します。
小型トラックといってもそれにも形状によって種類が分類されます。

 

いろいろな荷物が積める平らボディと呼ばれるタイプは、荷台がフラットになっています。
雨や直射日光、風雨から荷物を守る必要がある場合は、
バンボディと呼ばれるアルミ製のボックスが荷台に取り付けられているタイプを選ぶことができます。

 

生鮮食品の運搬に必要な場合は、保冷庫が付いているトラックも選ぶことが可能ですし、
冷凍食品を運ぶ場合は、冷凍冷蔵庫が荷台についているタイプも選べます。

 

中型トラックになると、荷台に積める荷物の量がさらに増えて、
最大で4トン、大型トラックになると、10トンクラスの種類も選べるようになります。

 

小型と同じように中型、大型でもトラックの荷台によって種類が分かれていますので、
用途によって必要なトラックが選べるのです。
 

費用負担を抑えられる中古トラック

中古トラックを購入するメリットとは何でしょうか。
最も大きいメリットは新車で同じような条件のトラックを購入するよりも、
費用負担を大きく抑えられる点です。

 

普通自動車を新車で購入したことがある方ならご存知かと思いますが、
新車で購入するときは必要な装備やオプションを追加していくケースがほとんどであり、
予想していたよりも購入価格が高くつくケースが多いのです。

 

新聞の折り込みチラシなどで新車の価格が掲載されているのですが、
それらにはオプションや装備が含まれていないことがほとんどなのです。
車を使用するのに最低限必要となる雨よけのバイザーや、
フロアマットなども含まれていなかったりします。

 

必要な装備やオプションを追加していくと、
それだけで何十万円のプラス費用が発生してしまうのです。
その点中古車の場合はそれらの必要なすべての整備が既に含まれていますので、
購入価格を大きく抑えることが可能になります。
 
また中古車トラックを購入するメリットには、
新品ではないことから傷や汚れがつかないようにと、
運転や扱いにあまり気を遣わなくて済むことです。

 

新車で購入してしまうとボディや内装も傷や汚れがなくとてもきれいですので、
汚さないよう、傷をつけないように神経を使います。

 

しかし主に仕事で使用することが多いトラックですから、
普通乗用車と比較をして傷や汚れが付きやすいのです。

 

その点中古トラックの場合はすでにボディや内装に傷や汚れがついていることがほとんどですので、
購入してからも傷や汚れがつくことをあまり気にせずに乗っていただくことができます。

更新履歴